病院の治療と民間療法・がん温熱療法の違い

病院の治療と民間療法・がん温熱療法の違い

 ガン の温熱療法は癌細胞が熱に弱い性質を利用して体温を43℃以上に上げる病院の治療として行われている ハイパーサーミアとしての温 熱 療 法と、家庭用の遠赤外線サウナ等を利用して発汗する程度の体温上昇で免疫を強化するマイルド加温の温 熱 療 法が有ります。
 また、全身を加温するものと部分的に加温するものとに分けられます。

           ●がん の温熱療法
               (病院での治療・ハイパーサーミア) 
がん温熱療法    43℃以上に加温して がん細胞を死滅させる

           ●マイルド加温療法(家庭でもできる方法)
              細胞に熱ストレスを与えてHSPを増加させ
              免疫を強化する

↑ ページトップへ